GreendaleMusic

GreendaleMusic

Morris W50

1弦がフレットに引っかかる。との事でお預かりしたこのギター。
原因はこのフレット両サイドの浮きでした。しかもフレットを見てみると、バインディングにかかる部分のタングの切り方があまく、少しタングが飛び出てる状態。このままフレットを打てば、バインディングが凹み、同じ症状になってしまいます。

指板調整

フレットをすべて抜き、指板をサンディング。収縮したバインディングと指板の段差がなくなったのと、長年の使用でエグれた指板がきれいになりました。

フレッティング

画像にはありませんが、まず抜いたフレットタングの切り欠いた部分をヤスリできれいに平面を出します。指板のRに合わせて元のフレットを打ち直しします。指板のサンディングをした甲斐があって、エポキシを使う事なくうまく収まりました。打音チェックもOKです。

ナット交換

交換前の画像。3,4弦の溝が深くて開放音でビリつきがありました。

取り外しから下地調整

クランプ中に他事

ブッシュがぐらぐらだったので、穴修正してしっかりとはめこみます。

ブリッジも新たに製作。

ポリッシング

溝切りして完成

PAGE TOP